周辺観光とアクセス

葛温泉 温宿 かじか
〒398-0001 長野県大町市平高瀬入2106
TEL:0261-22-1311 / FAX:0261-22-1310
チェックイン 15:00~21:00 /
チェックアウト ~11:00

客室

お車でお越しの方
(無料駐車場20台・予約不要)

新宿方面 名古屋方面
中央高速道
東名高速道
小牧I.C
中央高速道
安曇野I.C
国道147号
信濃大町
県道326号
当館

電車でお越しの方

新宿方面 新大阪方面
中央本線
(3時間)
東海道新幹線
(1時間)
名古屋駅
中央本線
(2時間)
松本駅
大糸線(1時間)
信濃大町
タクシー(20分)
当館

※信濃大町ー葛温泉間に乗合タクシーがございます。(前日までの予約制)当館までご予約ください
通常タクシーですと、当館まで片道一台役5,000円かかります。
乗合タクシーですと、お一人1,600円とお得にお越しいただけます。

観光

  • 高瀬渓谷

    高瀬渓谷

    高瀬渓谷は、紅葉の美しさが県内有数の名勝地として知られています。槍ヶ岳を源流とする水俣川と、三俣蓮華岳から流れる湯俣川が合流した高瀬川は、上流から高瀬ダム・七倉ダム・大町ダムと3つのダムが続いています。上流の2つのダムは、岩石や砂利を積み上げたロックフィルダムとなっています。七倉ダムの下流には葛温泉の宿が3軒点在し、ここでは林や道路に野猿の遊ぶ姿が見られます。大町ダム脇にある高瀬渓谷緑地公園には、安曇野伝説の竜に乗った泉小太郎の像が建ち、ダムの高台は大町市の展望台にもなっています。

  • 立山黒部アルペンルート

    立山黒部アルペンルート

    全長約90km、長野県大町市から富山県富山市までを結ぶ立山黒部アルペンルート。昭和46年に全線開通して以来、多くの観光客が訪れる山岳観光ルートです。アルペンルートには6種類の乗り物が運行。電気バスやケーブルカー、ロープウェイなどを乗り継ぎ、標高2,450mの高地を気軽に移動できます。
    詳しくはこちら →

  • 安曇野ちひろ美術館

    安曇野ちひろ美術館

    絵本画家・いわさきちひろと、世界の絵本画家の作品を多数展示。美術館内のいたるところにさまざまな椅子があったり、北アルプスを望むカフェがあったり、ゆっくりのんびり見てもらおうという仕掛けがたくさん!子供たちが自由に絵本を読める部屋や、ちひろグッズが揃うショップも充実。美術館の周囲には36,500m²の公園が広がり、四季の花々や風景を楽しめます。美術館と公園で、ほっと一息つける憩いの場です。
    詳しくはこちら →

  • 大王わさび農場

    大王わさび農場

    東京ドーム11個分に相当する、広大なわさび田。平均13度という北アルプスの湧水が、毎日12万トンも畑全体から湧き出しています。広大な駐車場や入園は無料ですので、安心して遊べます。風情ある水車小屋や趣豊かな遊歩道など、安曇野を体感できる45,000坪の自然の王国です。
    詳しくはこちら →

  • 松本城

    松本城

    文禄時代(1593~1594年)に建てられた五重六階の天守閣は、城の中では日本最古。戦国時代そのままの天守が保存されています。明治の大改修後の昭和11年、国宝に指定された別名深志城とも呼ばれています(昭和27年再指定)。姫路城・彦根城・犬山城とともに四つの国宝城郭のひとつです。周辺は松本城公園として整備されており、北アルプスを抱く威風堂々とした姿と、季節ごとに見せるさまざまな表情が美しく、松本のシンボルとして多くの方に親しまれています。天守閣(本丸庭園)の観覧は有料です。
    詳しくはこちら →

  • 善光寺

    善光寺

    1400年の歴史を持つ、「牛に引かれて善光寺参り」で有名な日本を代表するお寺のひとつ。
    本堂は国宝に指定されており、日本最古のみ仏を祀っています。
    無宗派の寺院であり、身分も性別も分け隔てなく、お参りした全ての人に救いや希望をもたらしてくれるお寺ということもあって、県内外から年間500万~700万人の参拝客が訪れます。
    ご本尊は一光三尊阿弥陀如来


ページの
先頭へ

ページの
先頭へ